コンテントヘッダー

長袖のラグランTシャツ(大人服)

作ったお洋服の記録



すごく前、確か2月か3月に作ったものです

しょうもないものですがGW中盤からすっかり下がっているモチベーションを取り戻すべく記録してみることに



夫が家で着る長袖Tシャツ

$日々のこと

パターン:適当に自分で…
生地:Ichigo-Yaさんの広巾 コーマ40スムースMUJI生成りソーピング


元々持っていたものが洗濯を重ねてヘロヘロになって穴まで空いてきたので(どんだけ着倒すのか…)何度かお安いお店へ見に行ったけれどイマイチ良いのがない

夫は袖口がキュッとなってる方がいいらしいのです(料理する時にまくり上げたいのに普通の袖だとすぐ下がってきてしまってイライラし始めるから見てるこっちがハラハラ…)

でも意外にそういうのって置いてないし前に買ったのももう売ってないし、と探し続けてたらTシャツがダメになってきたので一念発起!持ってるTシャツから型紙おこして作ってしまおう!

洋裁の知識もなければ学校の家庭科で習ったことすらほとんど覚えていないけれど、家で着るものだしいいやと開き直って、ヘロヘロのTシャツをパーツごとに切って型紙らしきものを作りました

当然ヘロヘロTシャツは伸び伸びなので裁断すると左右非対称で形が変だし長さもおかしい…途中途中夫に試着してもらって余分な生地を切りながら縫い進め、とにかく形にしました

夫の要望を叶えるために袖口はスパンリブで少しキュッとなるように

とりあえずお家で着る分には問題なさそう

本人も可もなく不可もなくといった感じとりあえずで着てくれています


前後の目印をつけ忘れたので後日イカリのフロッキーを背中側に

$日々のこと

写真でも分かるほど曲がってるけどお家用だから気にしない気にしない(笑)

夫は娘のお洋服につけたのとお揃いなのでちょっと嬉しそうでした



実はもっともっと前(半年くらい前かな)にボートネックのパターンを購入して1着作りました

ボートネックがあまりお好みでなかったのと伸びない天竺ニット(多分)だったのであまり着心地よくはなさそうだけれど家だけなのでとりあえず着てくれているのをいいことにこのボートネックTシャツと今回書いたラグランTシャツの2着で着回しています

大人用のパターンショップをあまり知らないながらも夫の希望に添えるようなパターンを探してみたけど見つからないし、折角買って縫ってもボートネックの時みたいにお気に召さなくて1回きりになるのはもったいない…というわけで今回自作の型紙となりました

本当はもう1着作ろうと思っていたけれどその型紙を直すのが面倒で結局そのまま半袖の季節になりそう…秋口にはやる気が出るといいなぁ


書きながらふと気がついたけど、買ってきた長袖Tシャツの袖口を少し切ってスパンリブを縫いつければもっと楽なのでは??

大人服って実はこれが初めてだったけどちびっ子に比べるとパーツが大きくて裁断も場所をとるからやる気にならないとなかなか広げられないし…

でもいろいろ勉強になった1着でした
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

ぼくのいす?

娘が読んだ絵本の記録


先日久々に午後からゆっくりと図書館へ

乳幼児向け絵本コーナーから娘が持ってきたのがこの本

ぼくのいす?/すぎもと れいこ

¥893
Amazon.co.jp


『ぼくのいす?』

最近くまさんブームの娘

確かに気がつくと家の中にはやたらにくまのぬいぐるみや絵があって気がついたら「くまさんくまさん」とくまさん好きに

表紙の絵が気に入ったらしく持って帰るというので借りてみました


読んでみたら、かわいい

ねずみさんのいすちいさい、ぞうさんのいすおおきい、など形容詞を覚えるにも役に立ちそうな感じですが、何より最後に「ぼくのいすどこ?」と探してお母さんのおひざに座るくまさんがかわいくて優しい気持ちになります


短いお話だし借りてきたその日だけで10回以上読んだので親子ともにフレーズを覚えてしまいました

そしてその日からほぼ毎日寝る前はこの絵本を選ぶようになりました

あと数日で返却ですが親子ともに十分楽しめました


たまたま娘が持ってくる絵本、ヒットするときもしないときもありますが、次はどんな絵本を持ってくることやら
コンテントヘッダー

フレッシュハーブと無農薬野菜を作ろう♪の会

これもまた遅くなりましたが、Smile*Linkのフレッシュハーブと無農薬野菜を作ろう♪の会に娘とふたりで行ってきました


Makideerさんのご主人である体のリフォーム屋:マモさんによる講座の後、実際に外へ出て土をおこして苗を植えました

講座でお話を聞いたコンパニオンプランツ、実はベランダ栽培をやろうとした時にできるだけ農薬を使いたくなくて調べたことがありました

でも比較的高いところにある我が家では強風がネックとなってなかなかベランダ栽培がうまくいかずコンパニオンプランツどころではありません…

せっかくお話を聞いたことだし、風の影響を受けない背の低いものからまたトライしていこうかな


お外では久々に土を触りました

土にはアリもミミズもカエルもダンゴムシもよく分からない幼虫もうじゃうじゃ

正直虫がダメなのでううっと思うこともありましたがこれも自然、娘にもできるだけ土に触れてほしかったので一緒に苗を植えました

娘は思いの外土いじりに夢中になっていたので良かったです

緑の少ない町に住んでいるとこうした体験がすごく貴重、親子ともに良い時間を過ごせました♪


お昼からはバーベキュー♪

用意してくださったおにぎり、お肉、ハンバーグ、ピザ(自家製石釜!)などなど

どれも美味しく楽しくいただくことができました

準備は本当に大変だったと思います!あらためてありがとうございました!


今回お父さんも一緒に参加されている方もいて、他のお父さんの様子ってなかなか見る機会がないので新鮮でした

子どもの数だけ子育ての方法があると聞くけれど、さらに親が違えば子どもも色んな育ち方をするものなんだろうなぁとなんとなく思った1日でした

で最終的に思ったのが、やっぱりうちの夫は限りなくマイペースだわ、と


なんだかちょっとまとまりないけどこの辺で…
コンテントヘッダー

鰹出汁の引き方と安全な下ごしらえ講座

お出かけ続きでなかなかPCに向かうことができず遅くなりましたが、フェアリーママ@大下ユリ子先生情熱弁当の原田さんによる鰹出汁の引き方と安全な下ごしらえ講座に行ってきました


最初は自己紹介がてら大下先生による育児相談

今回は主に食事の悩みについて、2歳のお子さんが多かったのでトイレトレーニングについてもちらほら

悩みはそれぞれ、量を食べない、野菜を食べない、遊び始める、食べすぎる(←うちの娘)などなど…お話を聞いていて食に関して悩みがなさそうに思われる我が子にも以前そんな時期があったな~とか今でもあるな~と思いました

我が子については、自分が食べ終わっても人が食べていると奪おうとする、というお話をしたのですが、解決方法と言っても早く食べる、余計な時に食べたり食べ物を見せたりしない、くらいしか思いつかないし、そのうち変わっていくのかな~と自分も思っていて話しながら自己完結

早食いせざるをえなかったり、ゆっくり食べられないというのはちょっと悩むところですが…

排泄についてもそうだけれど、周りがゆっくりと見守って少し手を貸してあげればそのうちできるようになるんだろうなぁというのが感想、そして大下先生もそんな感じだったと思います

大下先生によると「食事と排泄については怒ることはない」とのこと

すでにどちらについても怒りまくってしまっている我が家には耳が痛いお話ですが、最初からできる人なんていないからごくごく当たり前のことだな~と思いました


続いて原田さんによる鰹出汁の引き方と野菜の下ごしらえ

ずっと娘を抱っこしつつ時々ぐずったりしてきちんと聞けなかったので詳細は省略しますが…ふむふむとためになるお話ばかりで時間もあっという間

鰹出汁は以前参加された方のブログで拝見していましたが、かなりの量の昆布と鰹節を使う!けどその分しっかりとしたお味でした

自分用のメモ:濾す時のペーパーはリー◯クッキングペーパーのような不織布タイプが良い、さらしでも良いがしっかりと洗って乾かしてあるもの!でないと出汁の保ちが悪くなるとのこと

大根と里芋の皮のむき方、ぬかを使った下茹での仕方など実践してくださり、作ってきてくださった里芋の煮物、大根と油揚げの煮物、竹の子の煮物を試食させてもらいましたが、ほどよい柔らかさでしっかり味がしみ込んでいて美味しい!

久々に美味しい煮物を食べた気がします

さすが食に関する誠実な姿勢と熱い思いを持った原田さんの作るもの、やっぱり作り手の思いは料理に現れるものなんですね

専業主婦にもかかわらず毎日の料理にはなかなか手間をかけることができず、毎朝の味噌汁は煮干し出汁、煮物は出汁を使わずに作っていましたが、やっぱり手間ひまかけることも大切、少しずつでもトライしていこうと思いました



午後の開催なので娘のお昼寝時間を重なりちょっと大変ではありましたが参加できて良かったです

大下先生、原田さん、ありがとうございました!




おまけ

本日の我が子、午前中から出かけていたのでお昼寝は移動の電車で30分もなかったかな

少し眠ったので午後は大丈夫かと思ったけれど、最近再びの人見知り&場所見知りでほとんど私から離れず、原田さんの調理中はずっと抱っこ、眠いから時々ぐずる

ぐずられると「あーもう聞きたいのに」と思ってしまうけれど娘にしてみれば自分のペースで動けなくて疲れてしまったんだよね…ごめんね、そして付き合ってくれてありがとう


最寄り駅についてから少し時間があったのでふたりでカフェへ

$日々のこと-120518_130834.jpg

娘はあまり落ち着いていなかったけれどちょっとまったりとできました
コンテントヘッダー

おむつとトイレの記録 現在と…

娘のおむつとトイレの記録 現在と…


およそ9ヶ月の暗黒時代を経て、現在、うまく誘うことができたり娘が自発的に動いたりすることでおまるやトイレでの排泄もかなりできるようになりました

気がつくとおむつ用のバケツにパンツもおむつも1枚も入っていない日もあってそれは自分でも驚きました(もちろんそうかと思うと次の日はおむつだらけだったりしますが…)


ただ気になることが2つ


外出時にも排泄感覚はあるようで「でるよ、でたよ」と言うのでトイレに行ってみるけれど、おまるはないしトイレも自宅と様子が違うせいか、トイレに入ると「でないよ」と言ってトイレを出て、再び「でる」と言ってトイレに行ってを繰り返し、結局外出中は我慢しているのかおむつをぬらさずに帰宅したとたんにどばーっと出ます、たいがい間に合わなくておむつに…(最近はパンツがいいと言うので外出時もドキドキしながら厚めのトレパンにすることも)

やっと自宅のおまるやトイレでの排泄ができるようになってきたので焦る必要はないと思うし、さすがにここまで来ると私自身焦る気持ちは全くないのですが、したいのにできない娘がかわいそうだし、そんなに我慢して体は大丈夫なのか?とちょっと心配です


もう1つは就寝前

就寝前は感覚が鋭くなっているのか、今はほとんどと言っていいほど自ら「でる」と言っておまるに座ってできるのですが、この回数が多くてヒドいと5回くらい

「でる」と言うときは確かに出るのですがほんの少しのときもあり、こんなに小分けにしていて体は大丈夫なのか?とこれもまたちょっと心配です


いずれも夫につぶやいてみたら「まあそのうち変わるよ」と言われて、確かにそうかも知れないけれど何かうまく誘導してあげられる方法はないものかと思う母です




2歳近くなって周囲でトイレトレーニングを始める子もちらほら増えました

でも我が家はマイペースで行きたいと思います

トイレトレーニングということもあまり意識せずに娘の成長や気持ちに寄り添いながら大人と同じようにできるようになればいいなと思います



1歳からの約1年で感じたのはやはり焦ってはいけない

思えば「おむつなし育児」を始めたのはおむつの洗濯が楽になるかも~という自分本位な思いが発端で、本来の目的である「自然な排泄を促す」「排泄を通じたコミュニケーション」は分かっているつもり、やっているつもりになっているだけで、自分の中で「おむつなし育児」という言葉だけが独り歩きしていたように思います

私の場合、排泄を通じたコミュニケーションは布おむつの時点で十分にできていたのかも知れません

いつもぬれていないか気にしていたし、ぬれたらすぐに替えるようにしていたし、娘もズリバイの生後6ヶ月の頃にはおむつがぬれると何となく替えの布おむつがある方に転がっていったり、歩けるようになったら布おむつをあさったり持ってきたり

おむつ外の排泄ではないけれど、娘とのコミュニケーションは十分にとれていたように思います

そしてそれまではほとんどイライラすることもなかったのに「おむつなし育児」を始めた頃からイライラする日が多くなった気がします

動けるようになっていく娘の成長、自分のホルモンバランスの変化、食生活など他の理由もあるのかも知れないけれど、「おむつなし育児」を「する」ことに気をとられていて娘自身を見ていなかったのではないか、結局は周りと比べて焦っていたのではないか、1年以上経った今になってやっとそう思うようになりました


おむつ外の排泄ができるようになってきたからこそこんな風に思えるのかも知れないけれど、最近はおむつなし育児なんて知らなければ良かったと思うこともあります

もちろんその良さはあるけれど、私の性格には合っていなかったのかも、と

前述の通りおむつなし育児なんて知らなくても十分コミュニケーションがとれていた気がするし、このことで娘のことをたくさん怒ったり泣かせたり、自分も泣いたりして、娘にはたくさん負担をかけてしまったと思うし、何より日々成長しつづける娘との貴重な幸せな時間を無駄にしてしまったのではないかと思うのです


1年以上経って2歳を目前にしてのようやくの気づき

遅すぎるかも知れないけれど、まだまだ自分の感情がコントロールできなくて無意味に怒ってしまうこともあるけれど、娘との時間をもっともっと大切に笑顔で過ごしていきたい、そう思う今日この頃です



ちょっと記録するつもりがこんなに長くなってしまいましたが、最後はちょっと脱線してしまいましたが、娘のおむつとトイレの記録はとりあえずここまで

あとはゆるりゆるりとやっていけたらいいなと思います

長々とお付き合いくださった方々、本当にありがとうございます



久々に真面目に考えながら書いたからか疲れた…

お昼寝から起きた娘と自転車でピューッとお米を買いに行こうかしら

というか午前中のトリム&エアロ教室でかなりお疲れの娘さん、まだ寝てるから起こさなくては
コンテントヘッダー

おむつとトイレの記録の続きの続き

娘のおむつとトイレの記録の続きの続き


1歳半頃から自己主張がさらに強くなり、ジブンデ!の気持ちが大きくなってきた娘

トイレに補助便座では自分の思う時に座ることが叶わなくてイヤなのでは?

もしかしておまるなら自分から座るようになったりするのでは?

そう思い、友人の言葉にも後押しされて今さらながらおまるを買うことにしました(今年1月、娘が1歳7ヶ月をすぎた頃だったかな)


最初は物を入れたりして遊ぶばかりだったけれど、夫や私が座ってみせたりするうちに、機嫌良く座ってくれることも増え、就寝前の「ちーちーたー」も座ってくれるようになりました

同じくしてトイレの補助便座にも時々座ってくれるようになりました

でもやっぱり出ない…出そうになるのが分かると座っていられず立ち上がって逃げていったり、おむつやパンツを履きたがったり

あともう少しのような気がするけれど多分まだ娘の中で準備が整っていなかったのでしょう


こんな感じで再び数ヶ月が経過

途中体調不良でトイレやおまるが遠のくこともありましたが、夫や私の働きかけもあって、まあ座ってくれるときは座ってくれる、私たちの真似をしておしっこしてみようとする…けど出ない、別のことに集中しているor興味があるときは見向きもせず床にじゃじゃ~という毎日

もうここまで来ると我慢比べみたいなものです


そして変化のきっかけはお友達

昨年秋頃からいわゆるおむつなし育児を実践している方と知り合うことが多くなり、遊びに行ったり来てもらったり、その中でお友達がトイレに行く姿を見る機会が増えました

1歳半をすぎて言葉も分かるようになり、周りのこともよく見えるようになり、人の真似をしたがるようになり、こうした成長と重なったのか、ついにその日が来ました

ちょうどMakideerさんのSmlie*Linkのオープニングイベントの次の日でした

就寝前の「ちーちーたー」にいつもの通りハイハイとお付き合いしていたところ、出た!それも3回!なぜか全て大きい方…

イベントで他の子たちがおまるに座る姿に刺激されたのか、体の準備が整ってきてコツがつかめたのか、この日を境に就寝前だけ自らおまるで排泄するようになりました(でも1回で済まなくて何度もベッドとおまるを行ったり来たり…ヒドイと5回くらい)


今までの経験からしてここで浮かれてはいけない、これ1回かも知れない、と期待しないように、でも就寝前はヘトヘトになりながらおまるとベッドの行き来に付き合い、昼間もイヤがられない程度にトイレやおまるへ誘うようにしました

徐々に寝起き(特にお昼寝後)にできるようになり、お風呂の前にできるようになり、もちろんまだまだパンツや床にじゃじゃ~とすることも多々あるけれど、以前に比べればずいぶんと自分で排泄できるようになったと思います



まだ少し書いておきたいことがあるけれど長くなってきたのでまたまたちょっと休憩…

この長くて分かりづらいお話にお付き合いくださっている方々、本当にありがとうございます
コンテントヘッダー

おむつとトイレの記録の続き

娘のおむつとトイレの記録の続き


1歳近くなってだんだんトイレでの排泄がうまくいかなくなりました

10kg近くなってきた娘をかかえてのスタイルは私にも負担になるし、娘もこの不安定さがイヤなのでは?と思い、ここでやっと補助便座を買いました

今思えばおまる兼補助便座になるものにすれば良かったものを補助便座としての機能しか持ち合わせていないものを買ってしまいました(おまるじゃなきゃダメ!になるのがイヤであえて補助便座のみにしたけど結局後日おまるも買いました…)

でも補助便座って何?状態なのでこれまた座ってくれず苦戦…

トイレに行くのも嫌がるようになり、機嫌良くトイレに行っても補助便座を嫌がって、補助便座はほとんど活躍することなくトイレ自体が遠のいていきました


1歳1ヶ月をすぎる頃にはトイレでの排泄はほぼゼロに


1歳2ヶ月頃(昨年8月)に暑いし思い切ってパンツにしようと昼間限定でトレパンを導入しました

当然もれまくり…でもそのうちにおしっこが出ていることが分かるようになったのか事後報告をしてくれるようになり、秋頃には最中もしくは事前報告もちらりとしてくれるようになりました


そういえばこの頃、秋口くらいかな、再び夜中におしっこするようになりました

涼しくなってきたせいなのか、水分摂取量が増えたのか、理由は今でも分かりませんが、量が多いときは輪おむつ1枚では足りないことも

以前のように泣くこともなく気がついたらおしっこが出てしまっているようでした


1歳5ヶ月頃かな、このあたりから時間との関係がよく分からなくなってきますが…

排泄中にはほぼ「ちーちーたー」と言って教えてくれるように(「しーしーじゃー」と教えていたのが「ちーちーたー」に変化)

この頃からトイレに連れて行くのはほぼやめていました

教えてくれるし様子を見ればそろそろというのは分かるけれど無理に連れていくとイヤがる、でも一時期トイレでの排泄ができていたことを思うとどうしても諦めきれなくて度々トイレに連れて行っていましたが、この頃には悟りを開いたのか私の諦めがついたのか


おむつなし育児にはいわゆる「イヤイヤ期」が必ず訪れるといいます

でも我が子の拒否っぷりは世間のイヤイヤ期をはるかに越えていて期間も半年近くと長い

正直こんなに続くイヤイヤ期はあるのだろうかと調べに調べた覚えがあります(笑)

最長で半年のイヤイヤ期を乗り越えて突然トイレでの排泄が再びできるようになったというのを見つけ、ああまだ望みはある、と思ったなぁ


そして同じ頃、昼間トレパンにしたことで「おむつはイヤ!パンツがいい!」という主張が始まりました…がーん

ちょうど自己主張も激しくなる時期で朝の着替えはイヤ!脱いだら着るのがイヤ!出かける支度に1時間くらいかかることもあって出かけるのをやめてしまうことも多々…

お風呂上がりもパジャマはイヤ!冬なのに1時間くらい真っ裸でうろうろしていることも…

おむつ(パンツ)替えもイヤ!でも脱いだら今度は履くのがイヤ!

なんだかもうよく分からない状態でヒイフウな毎日でした


さらにこれも多分同じ頃、夜寝る前になると「ちーちーたー」と言って騒ぐようになりました

おしっこしたいの?とトイレに行くけれどやっぱりトイレはイヤ!でも騒ぐ

結局おむつにおしっこするまでは眠れず動き回るし暴れ回るし…寝かしつけようにも寝られないから寝かしつけにもかなり苦戦

この頃は多分イライラもピークに

この就寝前のおしっこ攻撃はつい最近まで続いていました(今もその名残があってそれはそれでちょっと困っていますが…)


ポジティブに考えればおしっこしたい!という排泄感覚が戻ってきたのかも知れない(なぜか寝る前限定)、でも出し方が分からなくて出来ない

今思えば娘もとても苦しかったのではないかなと思います

おしっこのコントロールができる(括約筋が発達する)のは2歳近くなってなってからと聞きます

この時の娘は1歳半くらい、感覚は分かるけど体がついていかない、もしかしたらすごくストレスになっていたのに私は全然分かってあげられていなかったのかも知れない


このことに限らず振り返ると今さら思うことがたくさんあります(これはまた別の機会にでも)

おそらくうまく出来ている人や経験者から見ると失敗ポイントが山のようにあるかと…


うまく書き切れていないのですが、こうして我が家の長い長い暗黒時代は1歳くらいからつい最近までおよそ9ヶ月続き、ついに暗黒時代が幕を明けるのです


また長くなってきたので続きは今度
コンテントヘッダー

おむつとトイレの記録

娘のおむつとトイレの記録

この1ヶ月ほどでちょっと変化があったので書いてみようかと

周りの娘と同じくらいの子たちもちょうどトイレトレーニングやおむつ外しを始めていて、それに便乗した感じでなんだか書きづらいなとためらっていたのですが(小心者…)、やはり自分たち親子の記録なので書くことにしました

それまでの経過も記録のために書いてみようと育児日記を読み返そうとしましたが、あまりにこちょこちょと書いてある半年以上の日記を読み返すのは時間がかかりそうだし読むだけで終わりそう…

とりあえず何となく覚えている範囲でつらつらと



生後すぐの産院では紙おむつでしたが退院後からすぐに布おむつに、これは出産前から決めていました

自分が生理用ナプキンの気持ち悪さを感じていたこと、車のない我が家は紙おむつを買いに行くのが大変なこと、買ったのと同じ量を捨てに行くのは自分が面倒だと思ったこと、などが理由かな

もちろん無理のない範囲で、なので夜や外出時は紙おむつ


生後7ヶ月の頃、友人がおむつなし育児的なことをやっていると聞いて試しにやってみることにしました(おむつなし育児のことは布おむつについて調べている時に知りましたが当時は興味も示さず…)

とりあえずだったのでおまるや補助便座は使わず子どもを抱えてトイレにささげるスタイルにて

最初の1ヶ月は全く上手くいかず…すぐに成功した!なんて話も聞くだけにかなり凹みました

でもそのうちにタイミングが合うようになったのか寝起きにできるようになり、昼間もタイミングが合うようになり、生後9ヶ月頃には洗濯枚数もずいぶん減るようになりました

この頃は足下に寄ってきたりして自分から事前にサインを出してるのかな?という感じもありました


生後9、10ヶ月頃かな、夜中に泣くのでとりあえず授乳をしていたけれど終わってもまだ泣く…何だろう

見ると授乳前にはぬれていなかったおむつがぬれているのでもしかしたらおっぱいではなくおしっこがしたいだけなのかも、と思って授乳の前にトイレへ連れていくことにしました

するとトイレで用を済ませて布団に寝かせるとスースーと寝る…え?おっぱいいらなかったのかしら(寂)

こうして気がつくと夜中の授乳が減り、さらに夜中に泣くことがなくなり、トイレに行くこともなくなり、朝までおむつをぬらさずに寝るようになりました


しかし…1歳近くなると昼間はタイミングが合わないのか、他に興味が行くのか、トイレに行っても便座に立って遊んだり、のけぞって泣くようになり、そのうちに寝起きも合わず、またまたおむつ頼りの生活に戻ることになりました


そしてそして、ここから我が家の長い長い暗黒時代が始まりました…


ちょっと長くなってきたので休憩…次に続く
コンテントヘッダー

お手伝いいろいろ

相変わらず遊び下手な母

娘の起きてる時間が長くなってきたけど1人遊びもすぐ飽きるみたいなのでお手伝いなどしてみてもらいました


この日の夕飯のおかずはナスの豚肉巻き

細く切ったナスを豚肉の上に置いてクルクル、なんてうまくいかないけど一緒にやりました

「たのしー♪」って


それから豆ごはん用のグリーンピース

さやからお豆を出す

これは2回目だし簡単なのですぐできる

これも「たのしー♪」って

$日々のこと


ちょっと前にお米も研いでもらってみました

全然戦力にならない…でもやりたがる

仕方ないのですこーしだけお米を入れたざるを渡してちゃぱちゃぱしてもらいました

その後シンクの洗い桶にあったタッパーで水遊びしてて最後は大変なことになってましたが…


あとジャガイモも一緒に切ってみました

そしたら今日キウイ切るときに「きるー」って寄ってきた…

夫が一緒にやってました


お料理ダメな母ですが娘には少しでも興味を持ってもらいたいものです

生きる術の1つとして



おまけに1ヶ月くらい前の出来事

洗濯物を畳むのも時々手伝ってもらうのですが、気づいたら自分で取り込んだ洗濯物の山からタオルを出してきてキレイに畳んでました

$日々のこと

まだ真四角なものしか畳めないけど「ぱったんぱったん」と言いながら

フェイスタオルはうーうーうなって畳めません(笑)

頑張れー


ちなみに首からひょろりと出てるのは1年くらい前に使っていたお食事用エプロンのひも

私が割烹着を着てるのを見て同じものが着たかったみたいなので似たようなものを着せてみました

75サイズなのでちょっと小さいけどとりあえず

最近は全然興味を示さなくなったけどちゃんとお手伝いするようになったらエプロンのようなものが必要かしら
コンテントヘッダー

パン

久々にパンを焼きました

娘の離乳食以来のような気がするので…1年ぶりくらいかも

珍しく娘と一緒に21時頃寝てそのまま朝まで目が覚めず、気づいたら朝の4時半

先日市販の食パンでサンドイッチ風なものを作ったら(←夫がね)美味しそうに食べていたし、時間もあるから朝食に間に合うかもと準備(結局朝はいつも通り白米でお昼にいただきました)

でも捏ね始めようとした5時過ぎに娘が起きてきた…

幸いこの日は機嫌良く1人で遊んでくれていたのでその間にコネコネ

娘もちょっとだけお手伝い、成型するときにほんの少しだけ渡して丸めてもらいました

写真は食べてしまった後なので写ってませんが…

$日々のこと

いつもながらまあまあの出来です

娘の反応もまあまあ(笑)

大して作ったことないからね

本当に両手で数えられるかどうかくらい…

やっぱりホームベーカリーあると便利だろうなぁと思いつつなかなか手が出せません
コンテントヘッダー

ふたりで映画

娘とふたりで映画を見に行きました



小さな子どもと一緒のお母さんのための上映回があるというのをたまたま知り、ふらりと行ってみました

すごく混んでいるのかと思って少し早めに行ったけれど来ていたのは5~6組…またまた拍子抜け

映画館自体は普通のところでこの上映回は一般の方も入場されますが、子どものために照明が少し明るめになっていたり、授乳室を設けてくれていたり、子ども用の椅子(クッション)が置いてあったり、お子様連れに優しい特別上映回みたいです



上映されたのは『ベイビーズ~いのちのちから~』

アフリカ、モンゴル、日本、アメリカそれぞれで生まれた4人の赤ちゃんの産まれてからの1年をおったドキュメンタリー

字幕もなくて音声だけ、当然アフリカやモンゴルは言葉も分からず(私は英語も分かりませんが…)

でも言葉なんてなくても十分に伝わってくるものがありました



上映時間は約1時間半

娘がそんなに長い時間じっとしていられるか?と思いましたが、最初の30~40分は一緒にじーっと見てくれました

その後はおしっこしたいやら眠いやらで落ち着かず映画もあまり見られませんでしたが、それでも私は最初のシーンを見ただけでもう満足でした

出産前のお母さんの大きなお腹が映し出された時、膝に座る娘も自分のお腹にいたんだと思うともうそれだけで涙が出てきて今までになく我が子が愛おしくなりました

こんな風に感じられただけでこの映画を見に来て良かった、と



文化や生活習慣の違う4カ国の子育て

比べて見るといろんなことがあまりに違いすぎて、その違いは良いとか良くないとかではなく、うまく言えないのですが単純におもしろかったです

日本の子育て風景もなんだか滑稽にも思えたり

みんなそれぞれ産まれて育つ環境は違うけれどその中でそれぞれ成長していくんだなぁとか思ったり

子育ても本当にいろいろだけどそれはそれで良しなんだろうなぁとか思ったり

自分が周りの人とのちょっとした違いが気になったりすることがどうでもいいことに思えたり

育てる方も育つ方もどんなであれたくさんの愛情があればそれでいいんだわと思ったり



ただ不思議だったのが、アフリカとモンゴルのシーンでは娘は静かに見ていたけれど、日本やアメリカのシーンになると途端にそわそわし始めました

私もなんとなく分かる気がしたけどね



映画なんて出産前、いやもしかしたら妊娠前に行ったきりですごく久しぶり

昔はミニシアターとか大好きでマイナーな映画を見に行ったりしたものだけど映画ってやっぱりいいな

久々に予告編を見ると見たいと思う映画がたくさんあったり

これからもなかなか行く機会はないと思うけれどまた行きたいな

一緒に行ってくれた娘に感謝です
コンテントヘッダー

レギンス

お洋服の記録


何にでも合いそうなデニム調のものが1着欲しくて欲しくてやっと作りました

日々のこと

パターン:アンの木さんの3wayレギンス(ベーシックレギンス)80
生地:SMILEさんのヒッコリーデニムニット/インディゴネイビー、Ichigo-Yaさんの広巾 スパンフライス お花畑(パープル)


初SMILEさん♪

色んな方のブログで見かけていた素敵な生地のお店ですが、いつも更新されると即売り切れでなかなか手にすることができず…GW前の更新でデニムニットが入ることを知り、頑張った!…でもお休み前だからか今までのような勢いがなくてあれれれ?拍子抜けな感じです

でもそのおかげでお休み前に生地が届いて作りたいものも決まっていたので珍しくすぐに形にすることができました

裾リブは相変わらず生地合わせに悩んで手持ちの中から花柄をセレクト、ウエストの部分はデニムニットのストライプの方を使いました

サイズは前に作った80のレッグウォーマー風が結構大きかったので80でもいいかなと思ったけれど、意外にぴったりくらい…90にしたらもっと長くはけたかも知れません(80でもお腹周りはゆったりなので短くなってもはけそう)


ちなみにこのデニムニットは初心者の私でも縫いやすく扱いやすい生地でした

仕様書に用尺1mとあったので1m買ったけれど50cmでも良かったかも…まだまだあるので何を作ろうか



今回は着てくれました♪

$日々のこと-120501_105905.jpg

近所の公園にて

でも携帯電話のカメラだから小さいし遠めで相変わらず分かりづらくてごめんなさい

ほどよいゆとりがありつつフィットしていい感じでした

滑り台も滑ってましたが動きやすそうでした♪

もう1着くらい作ってもいいかも(デニムなら何でも合わせやすいかしらという単純な発想…)
コンテントヘッダー

温泉

三重にある湯の山温泉に行ってきました



名古屋からは電車で約1時間

今回はGW中にこちらに来ていた私の両親と夫と娘と5人で

普段は離れて暮らしているのでなかなか孫に会えないおじいちゃんおばあちゃん

少しでも娘との時間を楽しんでもらえればと旅館でゆったりコース



平日だったので電車は空いていましたがあいにくの雨

風も強いみたいで山の上は大丈夫なのかちょっと心配でしたが、最寄り駅から宿への送迎バスもあったし、宿に着いてから夕食までは娘を囲んでゆっくりしたり遊んだり温泉に浸かったり、それなりに過ごせました


翌日はまだ曇っていたけれど雨は止んでおり、御在所岳へのロープウェーも動いていたのでロープウェー乗り場へ

実は娘にとって初めてのロープウェー、初めての高いところ(この前夫の実家近くで観覧車には乗ったけれど…)、途中風が吹いて結構揺れたのもあってかかなり怖かったらしく、ずっと夫にへばりついていました

お天気は良くないながらも咲き始めたツツジもちらりちらりと見えました

運が良ければカモシカが見られるとのことだったけれど会えませんでした、残念

山頂は霧で真っ白、少し歩いたけれど何も見えないのですぐに降りました

時間が経つにつれてだんだん晴れてきて帰りの電車に乗る頃にはピカピカ晴れて暑いくらい

もう1日遅ければお天気にも恵まれたのに…

でも久々の温泉や旅館のごちそうを満喫したGWでした

御在所岳はもう少しするとツツジが見頃、秋には紅葉がきれいなはず、近いし行きやすいのでまた行きたいところです

$日々のこと






御在所岳は私が生まれてから約10年間ほぼ毎日見ていました

朝、小学校へ行く時はいつも見てたし、冬が近くなると「山の上は雪が降っちょる」と祖父がよく言っていました(祖父母は西の方の出身なので確かこんな方言だったかと…)

10歳の時に関東に引っ越してもうそのまま関東に住むものだと思っていたけれど、結婚してまたこちらに引っ越してきたり、自分の子どもと一緒に自分の懐かしの場所に行くことがあるなんて思ってもいませんでした

不思議な縁ですね
コンテントヘッダー

やっとチャリデビュー

やっと子ども乗せ自転車を買いました

ほぼ1年越し

抱っこひもオンリーの移動はだんだんキツくなり、ベビーカーを買おうかと思ったら梅雨になり、夏になったら自転車を買う人が増え、何がいいのか(新しく買うのか、持っていた自転車に付けるのか)、どこで買うのか、などうだうだ考えているうちに時間は過ぎ…

結局持っていた普通の自転車は処分して子ども乗せ専用の自転車を買いました

乗ってみたらまあなんと快適!

いつもテクテク時間をかけて歩いていた道もスイスイスイーっとあっという間

早く買えば良かった…(いつもやることが極端に遅すぎる自分を少々反省・笑)



でも実はまだ2回しか乗ってません

夫の実家への帰省前に買いに行き、その帰りにほんの少しだけ乗ったのと

今日お天気も良かったので少し遠くの公園まで行くのに乗ったのの2回

帰省先から自宅へ戻ったら自転車でおでかけ~♪と思っていたのに娘がまさかの発熱

40度近くまで上がりかなりぐったり

初日はあんなに食べるの大好きなはずなのにほとんど口にせず「いらない」とお皿を突き返すほど

すぐに回復するかと思いきや上がったり下がったりを繰り返し、結構ぐったりな日々が続いていました

それもこの数日で熱も落ち着き調子も戻ってきたし、娘も外に行きたくてうずうずしていたので、今日は少し遠出しました(遠出って徒歩20~30分くらいのところですが…)


まだ運転する私も乗車する娘も不慣れなので十分に気をつけつつ、お出かけを楽しみたいと思います☆

$日々のこと-120501_105011.jpg


イルカのヘルメットだけど「くじら~♪」ってかぶります
プロフィール

meimei*

Author:meimei*
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR