コンテントヘッダー

続・それぞれの成長〜ごはん

少し間があきましたが、離乳食に関してのお話の続きです



前回は思いのほか皆さんからコメントをいただいて良い情報交換の場となりました

皆さまありがとうございました

離乳食後期くらいから他の方がどうしているかあまり気にしなくなってしまって独自路線まっしぐらだったので、ちょっと立ち止まってみる良いきっかけになりました

また、宮本先生がとても良いコメントをしてくださいました

ぜひ前の記事のコメントをご覧ください



前置きが長くなりましたが、続きです

ちょうど歯科健診の翌日、子育て支援センターで保健所の栄養士さんが「2歳児の食事」について話してくださいました

お話自体は2歳を対象としていたり、家族で朝食をしっかり摂りましょう(国の方針のようですが)といったお話でしたが、その後フリーの質問タイムがあって気になっていたことを聞いてみました


「スプーンやフォークといった道具はいつから使うようにすれば良いのでしょうか?」


我が娘は手づかみ食べを始めたのが3回食を始めて割とすぐ9ヶ月終わりか10ヶ月初めくらいでした

早くからスプーンで食べさせられるのを嫌がり、スプーンを自分で持とうとするかスプーンの上のものを手でつかもうとするので思い切って全てを手づかみにしたのですが、こうなるとスプーンやフォークも自分で使えた方が自分のペースで食べられていいのでは、と勝手に思って1歳になる少し前から少しずつトライしてきました

でも他の方がどうしているか知らなかったのでこれを機にちょっと聞いてみることに

栄養士さんのお話では離乳食完了~2歳くらいまでは手づかみ、2歳くらいから道具を使うようにすれば良い、とのことでした

そういえば、前にも気になって1歳まで行っていた子育てサロンで職員の方に伺ったのですが、その時も「2歳くらいからかな、2歳くらいまでは手づかみですよ~たくさん手づかみさせてあげてください」とのことでした

栄養士さん曰く、離乳食用のスプーンは食べやすいように浅いから自分で食べようとすると口に入る前にこぼしてしまうし、離乳食用のフォークは誤って喉に刺さらないように短めになっているので自分で食べるには不向きなんだそうです

知らなかった!我が家のスプーンは離乳食用だったけどフォークは普通のものだったので見たこともなく…確かにスプーンは口に運ぶ前にこぼしてしまうこと多々

でも何度もやっていると段々上達するもので、最近は上手に掬って上手に口に運んでいます(もちろんこぼすこともしょっちゅうですが…)

フォークも大人と同じものだけれど、どこまで口に入れると危ないのか分かるみたいでさしすぎたと思う時は慎重に口に運んでいます


手先の器用さの成長が伴わないと道具を使うのは難しいし焦る必要はないと思いますが、やっぱりそれぞれの成長スピードがあって、「いつ頃から」というのはあくまで目安なのかな、と思いながら今回も聞いていました

結論は前回と同じなんですが「子どもに寄り添って」「その子なりの成長」を大切にしていけばきっとそう大きくは間違っていないんですよね

またまた素人話でした…


あ、もちろん決してスプーンやフォークを早く使いましょうというつもりではありません!

手づかみ食べは食への欲求が湧いてきた証拠なのでぐっちゃぐっちゃを覚悟でやらせてあげた方がいいですよね

ぐっちゃぐっちゃはママには堪えますけどね(^^;;

我が家も一時期大変でした…でも必ず落ち着く時が来ますよね(うちもまだ時々遊んでます)



ちなみに他の方の質問もなかなか興味深いものがあったのでご紹介を…(保健所のお話はあまり信じないという方も多いのでご参考までに)

☆野菜をご飯やハンバーグに混ぜないと食べてくれませんが、ずっとこんな感じで良いのでしょうか?(1歳10ヶ月)

まだいいでしょう、そのうち食べますよ
ただ、緑色のものは食べなくても今からでも大人と同じようにお皿に置いてみてください
大人のお皿に緑色のお野菜があるのを見ているだけでも違ってきます

☆ヨーグルトがないとご飯を食べてくれません(ヨーグルト→ご飯→ヨーグルト→おかずとヨーグルトで誘うしかない)(1歳5ヶ月)

とりあえずそれで食べてくれるならいいでしょう
でも少しずつ減らしていってみてください
もしくは最初からヨーグルトを出さないというのも良いかもしれません

☆1歳でぱったりと自然卒乳、それがきっかけなのか夜中に「まんままんま」と泣くのでバナナを1本食べさせていますが、それで良いのでしょうか?(1歳2ヶ月)

朝食を早くしたり、おやつを食べさせたりしてはどうでしょう
お腹が空くなら夜中に食べるのは仕方ないけれど1本はさすがに食べ過ぎかな…少しずつバナナの量を減らしてお茶を飲ませるようにしてはどうでしょう


他の方のお話を聞いていて「本当にいろんな子がいるんだな~」とちょっと面白くなりました(^^)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

わたし、ワタシ、私

台風一過の秋晴れの中、フェアリーママ@大下ユリ子先生の「お弁当付き子育てがもっと楽しくなる会」に行ってきました

今回のテーマは「赤ちゃんの泣きぐずり、1歳児のイヤイヤにどう向き合うか」

既に16日に第1弾が開催されており、そこで1歳児は「生活の主人公になりたい」というキーワードが発表されていましたが、参加する方が違えば子どものタイプも悩みも違う!個別のお話にもいろいろなヒントがちりばめられていました

今回は緊張していた訳でもなかったのに何故かまたあまり覚えていないという失態…多分充実しすぎて頭が追いついていないのだと思いますが、とりあえず覚えている限りのことを自分なりの解釈で書いてみたいと思います


★自分でやりたい!大人と一緒がいい!でもうまく伝わらない、できない、イライラ→ウキー(泣)

1歳になると自分の意思が出てきて自己主張するものの、それが周りの大人には伝わらなくてぐずったり泣いたりしてしまう

大人への憧れ(?)も出てきて同じことをしてみたくて、でも多分それは大人にとっては危ないからやってほしくないことだったりして、結局ただのイタズラに見えてしまって「ダメ」と怒られ自分の願いが叶わずぐずったり泣いたりしてしまう

本当は母親を怒らせたくないのに怒らせてしまった自分に腹を立てて泣いていることもあるそうです

大人だってそう、うまくできないとイライラするし大好きな人が不機嫌だと悲しくなる、きっとそれと同じなんですね

何故泣いているのか、何がしたかったのか、よく見てよく聞いてあげることが大事、そして泣きたい時には泣かせてあげることも大事

どうしても自分の体調が優れない時は余裕がなくてこんな風に接することができないかも知れないけれど、ママは赤ちゃんのパワースポット(大下先生語録)だからいつでも100%受け止めてあげられるよう自分の体調管理も必要ですね…母って大変!

というわけで花谷先生の風船つぶし整体&ダイエットも復習しました(結構間違って覚えていることが判明!花谷先生またしてもすみません!!)


ここからは個別のお話↓

☆ご飯やお皿を投げてしまう
お腹が空いていないのでは?もしくはオシッコかウンチがしたい!これもしっかりとした意志表示なんですね

☆いただきますをする前に食べてしまう
目の前にご飯があってお腹が空いていればそりゃ食べてしまいます!いただきますをしてからご飯を出してあげたら良いのでは?
なるほど!我が子も勝手に1人でいただきますしてつまんでいることがあり、最近は直前まで机に並べないか「ピシッと待つんだよ!ピシッ!」と教え込んで1分くらいは自分で「ピシッ」と言いながら待っていられるようになりましたが、やっぱり「子どもは急には止まれない」んですね

(追)いただきますをしてから「ご飯を出す」というより「ご飯を目の前に並べてあげる」の方が正しいかもしれません…何もないテーブルでいただきますは変ですよね

☆好き嫌いが出てきた
1歳くらいになると嫌いというより好きなものがはっきりしきて味付けもよく分かるようになるとか

☆スプーンで口に入れられたものを自分で出す
「何?何?何?何が口に入ったの?」と自分で確認するためで決して嫌だから出した訳ではない
そういえば我が子もそう、自分で食べる前もしっかり指で確認するし、不意に口に入ったものは予想と違ったのかウエ~と吐き出したり手でかき出したりします
「自分で!」やりたいんですね

☆トイレやおまるを嫌がる
自分のタイミングでしたい!自分の意志でもないのに連れて行かれるのがイヤ!2歳前後には身体の発達も伴ってトイレでできるようになるのであまり焦らなくて良いのでは?
ちなみにこうした主張は特に女の子の方が強く、分かってるけどイヤという強い意志があって、一度示すとなかなか譲らない
男の人は一度言ったことでもあまり覚えていなかったりする、それと同じで男の子はそこまで頑固にならず、こうした主張は女の子の方が強いみたいです


他にもいろいろあったと思うのですが、長くなってきたのでまた思い出したら書きます

かなりうろ覚えなところがあって間違っているかも知れないので、大下先生、訂正や補足があればお願いします(汗)


それからもう1つだけ

助産師をされているmi-kiさんの興味深いお話を聞くことができました

現代のお産は「自分で産もうという力が弱くなっている、周りが産んでくれると思っている人が増えている」とのこと

この「産む力」前に何かで読んだか産院で聞いたかで何となく覚えていましたが、あらためて「人間の生きる力」の大切さみたいなものを感じました

私は自然分娩でしたがあまり腹筋がないせいか最後の押し出す力が弱く、もうこれ以上どう力を入れれば?となかなか力が出なかったのですが、助産師さんから「お母さんのあなたが頑張らなくてどうするの!頑張りなさい!」と激しく怒られた励まされたのを思い出しました

赤ちゃんだって一生懸命出てこようとしているのだから母親が頑張らずしてどうする!?産むのも産まれるのも赤ちゃんと母親が主役ということですよね(あぁ、これを書いていたら何だか出産を思い出して涙があふれて…ティッシュティッシュ)

そして「出産で大変な思いをするとその後の育児がうまくいかないことが多い」とのこと

確かに生死をかけた一大事だからその経験が後に与える影響は大きいのかも知れない

でもmi-kiさん曰く、大変だった自分を受け入れてあげる、それでも良いお産だったと思ってあげればいいんです、と(mi-kiさん合ってます?)

お産って本当に神秘的だな~とあらためて感動してしまいました

(追)mi-kiさんが記事を書いてくださいました!ぜひこちらをご覧ください→


大分長くなってしまいましたが、今回も大下先生のわらべうたに子どもも大人も癒され、国産食材の無添加イケメン弁当をもりもり食べ、同じくらいの子どもを持つお母さん方とおしゃべりしたり、子どもたちのイタズラに微笑んだり、とにかく元気とパワーをいただきました

毎回同じ言い回しで恐縮ですが、大下先生、こうした素敵なイベントを開催してくださって、素敵なご縁を作ってくださってありがとうございます

また皆さんとお会いできる日を楽しみにしています☆



本当につらつらと長くなってしまってすみません…ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます
コンテントヘッダー

それぞれの成長〜ごはん

先日、2日続けて離乳食について話を聞く機会がありました



1つは保健所の無料歯科健診

歯みがきイヤイヤな娘は歯ブラシを持って追いかけるもなかなか磨けず、虫歯を心配して予約して診てもらってきました

事前の問診票で少し固めの野菜を食べたがらないので一応「固いものを食べない」に丸をしたところ、歯科医師、歯科衛生士、栄養士からのアドバイスに少々驚いてしまいました

★お米は軟飯で良い、野菜は柔かく、お肉はお団子にするか塊を柔らかく煮る

★お米は離乳食完了くらいまで軟飯でも良い

娘はまだ下の2本しか生えておらず、上の2本が最近やっと生えてきたところなので、歯茎でつぶすようにモグモグするしかなくお野菜やお肉は柔らかめにしていたのですが、お米は1歳になる前から大人と同じ固さのものを食しています

(追記:軟飯はイマイチお気に召さなかったらしくイマイチ食べ進まなかったため、結果、大人と同じ固さのものを食べるようになりました)

お米は噛むと柔らかくなって飲み込みやすいので、柔らかめのものをモグモグさせてあげてください、大人と同じでは多分丸呑みしてしまうでしょう、とのこと

うーん、確かにかなりの勢いでお米を食すのでしっかり噛んでいるのか心配ではありましたが、丸呑みしているとまでは思えない

はーい、と答えて帰宅後少し気をつけて娘のモグモグ度合いを観察しましたが、一応2回くらいは噛んでいる(保健所の話では今くらいの年頃は2、3回噛んでいれば大丈夫とのこと)

他の野菜やお肉、お魚といったおかずも丸呑みはしていないし、夫に何度か尋ねても「いや、噛んではいると思うよ」と

なので結局軟飯にはせず今まで通り大人と同じものを食べています



1歳くらいのこの時期の子どもって意外に大人と同じお米を食べている子が多いのではと思います

それはもちろん歯の生え方もあると思うけれど、やはり子どもが大人と同じものに興味を持ち、食べたがるので気がついたら大人と同じにしてました、という方が多いのでは?

保健所の指導はあくまで目安、やはりそれぞれの成長があって、子どもを見ながら親が判断して進めていけば大体は間違っていないのではないかな~とあらためて思いました

素人判断なので正しいのか分かりませんが・・・



ちょっと長くなったのでもう1つはまた書きます
コンテントヘッダー

ちょっと調子に乗って

先日、地域の子育て支援センターで他のママさんから「かわいい」とお褒めの言葉をいただいたので、調子に乗ってこんな記事を書いてしまいます(・∀・)

日々のこと

夏前からずーっと作ろうと思っていてつい最近やっと完成したブラウスです

「かわいい」と言ってもらえて嬉しかったけどさすがに「作ったんです」とは恥ずかしくて言えなかった(いやわざわざ言う必要もないか)

でもショボさから分かってしまうだろうなぁ・・・この写真もシワシワだし(汗)

生地は近所のトーカイさんで売っていたダブルガーゼ、夏物処分でお安めでした!

参考にしたのはこちらの書籍と母からもらった型紙のコピー(母のは書籍不明)

あかちゃんの服、てづくりの服/月居 良子

¥1,365
Amazon.co.jp



調子に乗ったついでにもう一つ

こちらも夏前から何着か作ろうと思っていたのに結局今ごろになってやっと1着完成したかぼちゃパンツです

日々のこと

生地はやはり近所のトーカイさんで処分ハギレコーナー(?)にあったデニム生地

参考にしたのは「ハンドメイドのココロ」より

こちらのサイトはこっそりお世話になっています


ちなみに私はビックリするほど不器用で家庭科なんて大の苦手!

母も「あんたがね~頑張ってるじゃない」と驚くほど

どちらもいかにも作りました的な縫製なのでじっくり見ないで!という状態ですが、自己満足の世界です(^^)


こちらは着てる姿(着画っていうらしいです)です

なかなか立ち姿をとれなくてパンツはほとんど見えませんが・・・

日々のこと


夏物いろいろ作ろうと思っていたのに結局この2着で終わりそう

ぼんやりしてるうちに秋が冬が来てしまう!

秋物冬物どんなのがいいかな~こんな形のお洋服どう?なんてオススメあったら教えていただきたいです

なにせファッションセンスのカケラもないもので(;^_^A
コンテントヘッダー

朗報です!

嬉しくってお知らせしてしまいます!

フェアリーママ@大下ユリ子先生のグルっぽができました

管理人はユーモアありで美人な「よめさん」です(よめさん、勝手な紹介すみません)

詳しくはこちらから→

私のブログを見てくださるのはほとんど大下先生のイベントで知り合いになった方々だと思うので、一刻も早くお知らせしたく、こんな記事を書いてしまいました(よめさん、了承を得ずに紹介してしまってすみません)

名古屋近郊の方もそうでない方も、イベントに参加される方もそうでない方も、一緒に育児を楽しみましょうというよめさんの呼びかけ、素敵です☆

以上お知らせでした
コンテントヘッダー

もう一度はじめてみよう

$日々のこと

産院でもらった育児日記

出産後ずっと続けていたけれど1歳の誕生日からぱったりと書かなくなった

日記帳が1歳で終わってしまったからというのもあるけれど、1日終わってふぅ~っと一息つくとおむつ替え時間やら食事内容やら思い出すのが億劫になってそのまま

娘の体に不調があるとやっぱりメモ程度でも書いた方がいいなと思い、いらないノートを引っ張りだしてきて何度か書いてみるもののやっぱり続かず・・・

でも、1日の終わりに娘のこと、娘との生活のこと、自分のことを振り返るのは大切だなぁと思ったので、専用にノートを買いました

$日々のこと


無印良品の「組み合わせて使えるノート・ウィークリースケジュール」

A5サイズの日付なしのフリースケジュール帳でいつでも始められるし薄いから場所もとらない

とりあえず食事のことと一言メモ程度を書いてみることにしました(さほどスペースもないのでそのくらいで埋まってしまいます)

大好きな娘と少しでも両想いになれるように、もう一度はじめてみよう☆

今度こそ続くかな・・・



はぴるさ~ん!

一緒に見てくれてありがとうございます(^O^)

おかげで良いのが見つかりました!
コンテントヘッダー

イヤイヤヤイヤイ

今日(もう昨日)は1日ダメダメな日でした

★お出かけ前に

午前は地域の子育て支援センターへ遊びに行こうと準備するも出かける時間が近くなるにつれて娘のいたずらがヒートアップ←多分眠い

そうこうしてるうちに昨晩から気になっていた私のくしゃみ鼻水がひどくなって行くのをやめようかと思ったけれど、家にいても娘のパワーが発散しきれない

「くっく(お出かけ)とごろん(お昼寝)どっちがいい?」と聞くと靴を持ってきたのでお出かけ決行


★支援センターからの帰り道にスヤスヤ

家に着いても全く起きずお昼ごはんも食べずに寝続けていましたが2時間ほどしてようやく起きた、と思うと泣き泣きぐずぐず

多分おしっこと思われるので一応トイレに行ってみるものの相変わらずの拒否っぷり

喉が渇いた?お腹が空いた?抱っこしながらあれこれ聞いたり差し出したりするも、ちがうちがうちがう!

そうこうしているうちに収拾つかなくなるほど大泣きし始め、床におしっこしてしまい、床掃除の後にごはん兼おやつをバクバク食べる←結局何で泣いていたのか分からない


★夕飯の支度中にもいたずらヒートアップ

最初は大人しく1人で遊んでいたけれど徐々にこちらに寄ってきてまたぐずぐずし始める

あとで考えてみれば夕飯の支度なんて後にして遊んでほしかったのかも知れない、と母反省


★お風呂でじゃぶじゃぶ

最近湯船が楽しいようで、さあ出ようかと言うと「もっともっと」のサインで猛アピール

さすがに長風呂だよ~お風呂出てごはん食べよう、と湯船から出そうとしてもイヤイヤもっともっと

何度かこれを繰り返してようやくごはんで誘いまくってお風呂終了


★ごはんをパクパク

大好きな豆腐とお米を平らげてあとは野菜となると果敢にも自分の椅子から母の膝の上に移ろうとする

そして膝の上で母の豆腐を奪って食べ、お米を指差しアピール

いやまだ野菜が残ってるよ、野菜食べたらあげるから、はい、パク

これを何度も繰り返し時々母のお米をあげつつ何とか夕飯終了


★眠いのに眠れない

久々に早めに帰宅した夫

それまで眠そうにしていた娘は目が覚めたのか元気に夫に近づき遊んでアピール

いつもは8時頃就寝なのに眠りそうにないので9時頃ようやく寝かしつけ

絵本を読んでさあ寝ようかと電気を消すとイヤイヤとばかりに果敢にもベッドから降りる

こういう時はだいたいおしっこかうんちがしたい

でもトイレに行ってみると案の定イヤイヤ

スイッチが入ったのかトイレから出てもイヤイヤで床にゴロリ大泣き

結局ベッドに戻っては自ら降りてを繰り返し、おむつにおしっこをしておむつを替え、ようやく気持ちよく就寝


そして母も一緒に寝てしまいこんな時間にパソコンを開いております

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

1歳を過ぎてから自我が芽生え始めたと思われる娘

このところ更に主張が強くなり駄々をこねる仕草も増えました

先日参加した大下ユリ子先生のイベントでパワーを充電し、教わった風船つぶしで少し身体が軽くなったとともに心にも余裕が出てきたように思っていたけれど、イヤイヤにはヤイヤイとニコニコニカニカ接するように心がけていたけれど、今日は心に余裕をもって娘と接することができませんでした

多分くしゃみ鼻水に肩こりめまいと不調が一気に出てきたせいもあるけれど、この子は成長しているのに母の私がついていけない、そんな日々です

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こんな私にぴったりな(笑)イベントが開催されます

フェアリーママ@大下ユリ子先生の「赤ちゃんの泣きぐずりと1歳児のイヤイヤにどう向き合うか」お弁当つき子育てがもっと楽しくなる会

このブログを見てくださっている方は既にご存知もしくは既に申込済みの方ばかりだと思いますが、こんなステキなイベント!しかもお弁当!興味ある方はぜひご参加を♪

最新の申込状況は先生のブログよりご参考ください

私も少しでも母として人として成長できるきっかけを見つけるべく参加してまいります



今日は気持ちの整理もあって長~くなりましたが、ここまでたどり着いてくださった方、ありがとうございました☆
コンテントヘッダー

協力的な娘とダメすぎる母

先日の子育てイベントで教わった花谷先生の風船つぶしダイエット&整体

面倒くさがりやの私ですが細々と続いています


とても協力的な我が娘

私が仰向けになって風船をつぶしているとお腹に乗ってきたりTシャツをめくってお腹をパンパン叩いたり・・・頑張れというエールでしょうか(^_^;)

はい、頑張ります


しかし・・・実はショッキングな出来事がありました

イベント後、自宅で風船を膨らまそうとしたところ、なんと!膨らまない( ̄□ ̄;)!!

何度やってもダメ

風船の膨らまし方をネットで調べてしまいました(苦笑)

膨らませるにはコツと腹筋にポイントがあるようでした

どうやら私はどちらも持っていなかったようです(・・;)

風船なんて簡単に膨らむというイメージをもっていただけにかなりショック

イベントに参加された方は皆さんその場でぷぅ~と膨らませていましたが、私がその場でやってたらきっと大恥かいてました(既にこれを書くだけでも十分恥ずかしいですが・・・)


ダメすぎる母

風船つぶしダイエットをする以前に風船を膨らませる練習をしなくてはいけないようです

とりあえず夫が膨らませてくれた風船を使って体操は続けています☆

プロフィール

meimei*

Author:meimei*
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR