コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

おむつとトイレの記録 現在と…

娘のおむつとトイレの記録 現在と…


およそ9ヶ月の暗黒時代を経て、現在、うまく誘うことができたり娘が自発的に動いたりすることでおまるやトイレでの排泄もかなりできるようになりました

気がつくとおむつ用のバケツにパンツもおむつも1枚も入っていない日もあってそれは自分でも驚きました(もちろんそうかと思うと次の日はおむつだらけだったりしますが…)


ただ気になることが2つ


外出時にも排泄感覚はあるようで「でるよ、でたよ」と言うのでトイレに行ってみるけれど、おまるはないしトイレも自宅と様子が違うせいか、トイレに入ると「でないよ」と言ってトイレを出て、再び「でる」と言ってトイレに行ってを繰り返し、結局外出中は我慢しているのかおむつをぬらさずに帰宅したとたんにどばーっと出ます、たいがい間に合わなくておむつに…(最近はパンツがいいと言うので外出時もドキドキしながら厚めのトレパンにすることも)

やっと自宅のおまるやトイレでの排泄ができるようになってきたので焦る必要はないと思うし、さすがにここまで来ると私自身焦る気持ちは全くないのですが、したいのにできない娘がかわいそうだし、そんなに我慢して体は大丈夫なのか?とちょっと心配です


もう1つは就寝前

就寝前は感覚が鋭くなっているのか、今はほとんどと言っていいほど自ら「でる」と言っておまるに座ってできるのですが、この回数が多くてヒドいと5回くらい

「でる」と言うときは確かに出るのですがほんの少しのときもあり、こんなに小分けにしていて体は大丈夫なのか?とこれもまたちょっと心配です


いずれも夫につぶやいてみたら「まあそのうち変わるよ」と言われて、確かにそうかも知れないけれど何かうまく誘導してあげられる方法はないものかと思う母です




2歳近くなって周囲でトイレトレーニングを始める子もちらほら増えました

でも我が家はマイペースで行きたいと思います

トイレトレーニングということもあまり意識せずに娘の成長や気持ちに寄り添いながら大人と同じようにできるようになればいいなと思います



1歳からの約1年で感じたのはやはり焦ってはいけない

思えば「おむつなし育児」を始めたのはおむつの洗濯が楽になるかも~という自分本位な思いが発端で、本来の目的である「自然な排泄を促す」「排泄を通じたコミュニケーション」は分かっているつもり、やっているつもりになっているだけで、自分の中で「おむつなし育児」という言葉だけが独り歩きしていたように思います

私の場合、排泄を通じたコミュニケーションは布おむつの時点で十分にできていたのかも知れません

いつもぬれていないか気にしていたし、ぬれたらすぐに替えるようにしていたし、娘もズリバイの生後6ヶ月の頃にはおむつがぬれると何となく替えの布おむつがある方に転がっていったり、歩けるようになったら布おむつをあさったり持ってきたり

おむつ外の排泄ではないけれど、娘とのコミュニケーションは十分にとれていたように思います

そしてそれまではほとんどイライラすることもなかったのに「おむつなし育児」を始めた頃からイライラする日が多くなった気がします

動けるようになっていく娘の成長、自分のホルモンバランスの変化、食生活など他の理由もあるのかも知れないけれど、「おむつなし育児」を「する」ことに気をとられていて娘自身を見ていなかったのではないか、結局は周りと比べて焦っていたのではないか、1年以上経った今になってやっとそう思うようになりました


おむつ外の排泄ができるようになってきたからこそこんな風に思えるのかも知れないけれど、最近はおむつなし育児なんて知らなければ良かったと思うこともあります

もちろんその良さはあるけれど、私の性格には合っていなかったのかも、と

前述の通りおむつなし育児なんて知らなくても十分コミュニケーションがとれていた気がするし、このことで娘のことをたくさん怒ったり泣かせたり、自分も泣いたりして、娘にはたくさん負担をかけてしまったと思うし、何より日々成長しつづける娘との貴重な幸せな時間を無駄にしてしまったのではないかと思うのです


1年以上経って2歳を目前にしてのようやくの気づき

遅すぎるかも知れないけれど、まだまだ自分の感情がコントロールできなくて無意味に怒ってしまうこともあるけれど、娘との時間をもっともっと大切に笑顔で過ごしていきたい、そう思う今日この頃です



ちょっと記録するつもりがこんなに長くなってしまいましたが、最後はちょっと脱線してしまいましたが、娘のおむつとトイレの記録はとりあえずここまで

あとはゆるりゆるりとやっていけたらいいなと思います

長々とお付き合いくださった方々、本当にありがとうございます



久々に真面目に考えながら書いたからか疲れた…

お昼寝から起きた娘と自転車でピューッとお米を買いに行こうかしら

というか午前中のトリム&エアロ教室でかなりお疲れの娘さん、まだ寝てるから起こさなくては
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

おむつとトイレの記録の続きの続き

娘のおむつとトイレの記録の続きの続き


1歳半頃から自己主張がさらに強くなり、ジブンデ!の気持ちが大きくなってきた娘

トイレに補助便座では自分の思う時に座ることが叶わなくてイヤなのでは?

もしかしておまるなら自分から座るようになったりするのでは?

そう思い、友人の言葉にも後押しされて今さらながらおまるを買うことにしました(今年1月、娘が1歳7ヶ月をすぎた頃だったかな)


最初は物を入れたりして遊ぶばかりだったけれど、夫や私が座ってみせたりするうちに、機嫌良く座ってくれることも増え、就寝前の「ちーちーたー」も座ってくれるようになりました

同じくしてトイレの補助便座にも時々座ってくれるようになりました

でもやっぱり出ない…出そうになるのが分かると座っていられず立ち上がって逃げていったり、おむつやパンツを履きたがったり

あともう少しのような気がするけれど多分まだ娘の中で準備が整っていなかったのでしょう


こんな感じで再び数ヶ月が経過

途中体調不良でトイレやおまるが遠のくこともありましたが、夫や私の働きかけもあって、まあ座ってくれるときは座ってくれる、私たちの真似をしておしっこしてみようとする…けど出ない、別のことに集中しているor興味があるときは見向きもせず床にじゃじゃ~という毎日

もうここまで来ると我慢比べみたいなものです


そして変化のきっかけはお友達

昨年秋頃からいわゆるおむつなし育児を実践している方と知り合うことが多くなり、遊びに行ったり来てもらったり、その中でお友達がトイレに行く姿を見る機会が増えました

1歳半をすぎて言葉も分かるようになり、周りのこともよく見えるようになり、人の真似をしたがるようになり、こうした成長と重なったのか、ついにその日が来ました

ちょうどMakideerさんのSmlie*Linkのオープニングイベントの次の日でした

就寝前の「ちーちーたー」にいつもの通りハイハイとお付き合いしていたところ、出た!それも3回!なぜか全て大きい方…

イベントで他の子たちがおまるに座る姿に刺激されたのか、体の準備が整ってきてコツがつかめたのか、この日を境に就寝前だけ自らおまるで排泄するようになりました(でも1回で済まなくて何度もベッドとおまるを行ったり来たり…ヒドイと5回くらい)


今までの経験からしてここで浮かれてはいけない、これ1回かも知れない、と期待しないように、でも就寝前はヘトヘトになりながらおまるとベッドの行き来に付き合い、昼間もイヤがられない程度にトイレやおまるへ誘うようにしました

徐々に寝起き(特にお昼寝後)にできるようになり、お風呂の前にできるようになり、もちろんまだまだパンツや床にじゃじゃ~とすることも多々あるけれど、以前に比べればずいぶんと自分で排泄できるようになったと思います



まだ少し書いておきたいことがあるけれど長くなってきたのでまたまたちょっと休憩…

この長くて分かりづらいお話にお付き合いくださっている方々、本当にありがとうございます
コンテントヘッダー

おむつとトイレの記録の続き

娘のおむつとトイレの記録の続き


1歳近くなってだんだんトイレでの排泄がうまくいかなくなりました

10kg近くなってきた娘をかかえてのスタイルは私にも負担になるし、娘もこの不安定さがイヤなのでは?と思い、ここでやっと補助便座を買いました

今思えばおまる兼補助便座になるものにすれば良かったものを補助便座としての機能しか持ち合わせていないものを買ってしまいました(おまるじゃなきゃダメ!になるのがイヤであえて補助便座のみにしたけど結局後日おまるも買いました…)

でも補助便座って何?状態なのでこれまた座ってくれず苦戦…

トイレに行くのも嫌がるようになり、機嫌良くトイレに行っても補助便座を嫌がって、補助便座はほとんど活躍することなくトイレ自体が遠のいていきました


1歳1ヶ月をすぎる頃にはトイレでの排泄はほぼゼロに


1歳2ヶ月頃(昨年8月)に暑いし思い切ってパンツにしようと昼間限定でトレパンを導入しました

当然もれまくり…でもそのうちにおしっこが出ていることが分かるようになったのか事後報告をしてくれるようになり、秋頃には最中もしくは事前報告もちらりとしてくれるようになりました


そういえばこの頃、秋口くらいかな、再び夜中におしっこするようになりました

涼しくなってきたせいなのか、水分摂取量が増えたのか、理由は今でも分かりませんが、量が多いときは輪おむつ1枚では足りないことも

以前のように泣くこともなく気がついたらおしっこが出てしまっているようでした


1歳5ヶ月頃かな、このあたりから時間との関係がよく分からなくなってきますが…

排泄中にはほぼ「ちーちーたー」と言って教えてくれるように(「しーしーじゃー」と教えていたのが「ちーちーたー」に変化)

この頃からトイレに連れて行くのはほぼやめていました

教えてくれるし様子を見ればそろそろというのは分かるけれど無理に連れていくとイヤがる、でも一時期トイレでの排泄ができていたことを思うとどうしても諦めきれなくて度々トイレに連れて行っていましたが、この頃には悟りを開いたのか私の諦めがついたのか


おむつなし育児にはいわゆる「イヤイヤ期」が必ず訪れるといいます

でも我が子の拒否っぷりは世間のイヤイヤ期をはるかに越えていて期間も半年近くと長い

正直こんなに続くイヤイヤ期はあるのだろうかと調べに調べた覚えがあります(笑)

最長で半年のイヤイヤ期を乗り越えて突然トイレでの排泄が再びできるようになったというのを見つけ、ああまだ望みはある、と思ったなぁ


そして同じ頃、昼間トレパンにしたことで「おむつはイヤ!パンツがいい!」という主張が始まりました…がーん

ちょうど自己主張も激しくなる時期で朝の着替えはイヤ!脱いだら着るのがイヤ!出かける支度に1時間くらいかかることもあって出かけるのをやめてしまうことも多々…

お風呂上がりもパジャマはイヤ!冬なのに1時間くらい真っ裸でうろうろしていることも…

おむつ(パンツ)替えもイヤ!でも脱いだら今度は履くのがイヤ!

なんだかもうよく分からない状態でヒイフウな毎日でした


さらにこれも多分同じ頃、夜寝る前になると「ちーちーたー」と言って騒ぐようになりました

おしっこしたいの?とトイレに行くけれどやっぱりトイレはイヤ!でも騒ぐ

結局おむつにおしっこするまでは眠れず動き回るし暴れ回るし…寝かしつけようにも寝られないから寝かしつけにもかなり苦戦

この頃は多分イライラもピークに

この就寝前のおしっこ攻撃はつい最近まで続いていました(今もその名残があってそれはそれでちょっと困っていますが…)


ポジティブに考えればおしっこしたい!という排泄感覚が戻ってきたのかも知れない(なぜか寝る前限定)、でも出し方が分からなくて出来ない

今思えば娘もとても苦しかったのではないかなと思います

おしっこのコントロールができる(括約筋が発達する)のは2歳近くなってなってからと聞きます

この時の娘は1歳半くらい、感覚は分かるけど体がついていかない、もしかしたらすごくストレスになっていたのに私は全然分かってあげられていなかったのかも知れない


このことに限らず振り返ると今さら思うことがたくさんあります(これはまた別の機会にでも)

おそらくうまく出来ている人や経験者から見ると失敗ポイントが山のようにあるかと…


うまく書き切れていないのですが、こうして我が家の長い長い暗黒時代は1歳くらいからつい最近までおよそ9ヶ月続き、ついに暗黒時代が幕を明けるのです


また長くなってきたので続きは今度
コンテントヘッダー

おむつとトイレの記録

娘のおむつとトイレの記録

この1ヶ月ほどでちょっと変化があったので書いてみようかと

周りの娘と同じくらいの子たちもちょうどトイレトレーニングやおむつ外しを始めていて、それに便乗した感じでなんだか書きづらいなとためらっていたのですが(小心者…)、やはり自分たち親子の記録なので書くことにしました

それまでの経過も記録のために書いてみようと育児日記を読み返そうとしましたが、あまりにこちょこちょと書いてある半年以上の日記を読み返すのは時間がかかりそうだし読むだけで終わりそう…

とりあえず何となく覚えている範囲でつらつらと



生後すぐの産院では紙おむつでしたが退院後からすぐに布おむつに、これは出産前から決めていました

自分が生理用ナプキンの気持ち悪さを感じていたこと、車のない我が家は紙おむつを買いに行くのが大変なこと、買ったのと同じ量を捨てに行くのは自分が面倒だと思ったこと、などが理由かな

もちろん無理のない範囲で、なので夜や外出時は紙おむつ


生後7ヶ月の頃、友人がおむつなし育児的なことをやっていると聞いて試しにやってみることにしました(おむつなし育児のことは布おむつについて調べている時に知りましたが当時は興味も示さず…)

とりあえずだったのでおまるや補助便座は使わず子どもを抱えてトイレにささげるスタイルにて

最初の1ヶ月は全く上手くいかず…すぐに成功した!なんて話も聞くだけにかなり凹みました

でもそのうちにタイミングが合うようになったのか寝起きにできるようになり、昼間もタイミングが合うようになり、生後9ヶ月頃には洗濯枚数もずいぶん減るようになりました

この頃は足下に寄ってきたりして自分から事前にサインを出してるのかな?という感じもありました


生後9、10ヶ月頃かな、夜中に泣くのでとりあえず授乳をしていたけれど終わってもまだ泣く…何だろう

見ると授乳前にはぬれていなかったおむつがぬれているのでもしかしたらおっぱいではなくおしっこがしたいだけなのかも、と思って授乳の前にトイレへ連れていくことにしました

するとトイレで用を済ませて布団に寝かせるとスースーと寝る…え?おっぱいいらなかったのかしら(寂)

こうして気がつくと夜中の授乳が減り、さらに夜中に泣くことがなくなり、トイレに行くこともなくなり、朝までおむつをぬらさずに寝るようになりました


しかし…1歳近くなると昼間はタイミングが合わないのか、他に興味が行くのか、トイレに行っても便座に立って遊んだり、のけぞって泣くようになり、そのうちに寝起きも合わず、またまたおむつ頼りの生活に戻ることになりました


そしてそして、ここから我が家の長い長い暗黒時代が始まりました…


ちょっと長くなってきたので休憩…次に続く
コンテントヘッダー

身近に

娘が生まれてからずっと使っている布おむつ

そして今や幻かと思うおむつなし育児

お母さん同士の会話でなかなか出てこない話題なのですが意外にもとても身近にお仲間がいました

それも2人も



1人は布おむつを使っているということは知っていたのですがそれ以上の話をしたことがなく、先日とても久しぶりに会って話をしていたところ、おむつなし育児にもトライしたことがあったとか

でも我が家と同じく1歳近くなってきて自己主張や他への興味が大きくなり、気がつくとすっかりおむつでの排泄に戻ってしまったと

なんと、我が家と全く同じ歩みの仲間がこんな近くにいたとは



もう1人はお友達のお友達

布おむつを使っていてお友達の話からおむつなし育児をしているんだろうなーと思っていたけれど、これまた久々に行った支援センターで話をしていてトレパンやトイレの話に

前に我が家は昼間トレパンなんです…という話をしていたのを覚えていてくれて、トレパンってどう?とかいつからパンツにする?とかいう話に

「おむつなし」という言葉こそ出てこなかったけれど、タイミング見てトイレに行ったりお知らせしてくれたりという話が出てきて

ああ、こんなところにもお仲間がいたとは



布おむつの人もおむつなし育児をやっている人もなかなか身近にいないと思っていたけれど、意外に近くにいたことが分かってなんだか少し嬉しくなりました


我が家のおむつ&トイレ事情、最近少し変化がありました

記録のためにまた書けたらいいなと思います
プロフィール

meimei*

Author:meimei*
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。